ムービーのエセ翻訳




3日に行った2つのダンジョンの
ムービーをUPしまっす。

ほんとはその前にもう2こダンジョン行ってるんだけど
その時はSS撮れると知らなかったので
ないです(涙)
キャラもう1人作ってまた行くかな。


翻訳はエキサイトでやりました。

では、Cobalt Vault編ーー。




He was the one who watched over us,
when the whole world seemed our enemy.

全世界が私たちの敵に見えた時、彼は私たちの世話をした人でした。





He guided us,protected us.
He was Asheron,the last of the Empyrean,
whose magic called us here.

彼は私たちをガイドしました、私たちを保護しました。
彼はAsheron(最高天(そのマジックは私たちにここで電話した)の最後)でした。



・・・・・電話!?





Through the Golden Age,
he remained apart from the world,
so we might follow our own path.

黄金時代を通じて、彼は世界とは別に残りました。
したがって、私たちは自分のパスに従うかもしれません。

pathを調べたところ、
1-a (人に踏まれてできた)小道,細道
  b (公園・庭園内の)歩道.
2-a 通り道,通路,進路.
  b 軌道,進路,コース.
  c (人の歩くべき)道; 〔文明・思想・行動などの〕方向,進路,方針
と、出ました。
ここでは「2-c」っぽい?






But when darkness threatened to swallow the land,
he was there.
He gave himself for the good of all.

しかし、暗さが土地を呑み込む恐れがあった時、
彼はそこにいました。
彼はすべての利益のために彼自身を与えました。


???(汗)





Asheron was no god.
We do not bow to him,but we do honor his memory.
We are the Order of Dereth,
sworn to follow Asheron's ideals.

Asheronは神ではありませんでした。私たちは彼にお辞儀しません。
しかし、私たちは彼の記憶を尊敬します。
私たちはAsheronの理想に続くために誓われて、Derethの順序です。


さーわけわかんなくなってきたよ!!(笑)
てか、さっきから「彼」「彼」って
Asheronって人(?)のこと??







Compassion...justice...righteousness.
This is our creed.
In his name,we shall rebuild the world.

同情・・・正義・・・公正。
これは私たちの信条です。
彼の名前では、私たちが世界を再建する。







・・・・・と、ここまでがCobalt Vaultのムービーでした。
最初にAsheronは最高天とか言っといて
「Asheronは神ではありません。私たちはお辞儀もしません」って
どっちなんだよ!!(笑)



まー、とりあえず、次のMad Crone Vaultのムービーにいきます。





Folk remember the dark times,
when destruction roamed the land

人々は暗い回(このとき破壊は土地を歩き回った)を思い出します。


!?
しょっぱなからわけわからん翻訳だ!(笑)
人々は暗闇の時代(この時世界は破壊された)を思い出します ってこと??





They think of war...death...torment.
They blame those of us who walk in shadow,call us evil.

彼らは戦争について考えます。
死・・・苦痛・・・。
彼らは我々を非難します、私たちを邪悪と呼びます。





But we were not.
We were deceived by the one who ruled us.
To understand us,you must first understand him.

しかし、私たちはそうではありませんでした。
私たちは、私たちを規定した人によって騙されました。
私たちを理解するために、最初に彼を理解しなければなりません。





Hopeslayer,they call him.
Bael'Zharon,the fallen lord.
He craved power,and gave himself to chaos.

Hopeslayer、それらは彼に電話します。
Bael'Zharon(戦死者たち君主)。
彼は力を渇望し、混乱に彼自身を与えました。


????????
また電話してる!(笑)





His obsession nearly destroyed the world.
The Shadow Kingdom's path runs along the sword's edge.
On one side,untold strength.

彼の妄想はほとんど世界を破壊しました。
影王国のパスは剣の端に沿って走ります。
一方、話されない強さ上で。





On the other...madness.
The Hopeslayer strayed--and fell

他方上で・・・狂気のさた。
Hopeslayerはそれました--そして、落ちました。




Look on his face,and swear;
I will not follow

彼の顔を傍観して誓ってください;私は続かないでしょう。






ここまでです。
・・・・・。
大変です!わけわからん度UPです!
誰か翻訳してください・・・・・・・・(笑)

まーあれだ。
Asheron's Call2 って
アシェロンさんの2個目の電話ってことか(違)




BBSでHermimiさんが翻訳して下さいました!!
Cobalt Vault編です。


全世界が私たちの敵のように見えた時、
彼は唯一私たちを守ってくれた人だった。
 私たちを導き、危険から守った。
彼はAsheronという名で、Enpyrean帝国の最後の1人だった。
そして彼の魔法で私たちはここ(vault=避難所)へ招かれたのだ。

 「黄金時代」の間、ずっと彼は世間から離れて生活をしていた。
だから、その時私たちはまだ自分たちの方針に従っていたのだろう。
 しかし、暗闇が大陸を呑み込もうとしていたとき、
彼が現れたのだった。彼は全ての人のために
自分自身を犠牲として捧げた。

 Asheronは神のように崇拝されることは望まなかった。
だから今私たちは彼に頭を下げたりしない。
が、彼の記憶力(知識?)に敬意を表する。
Asheronの理想(つまり共和国制の国)に
付いていくことを誓った私たちの国は
「The Order of Dereth」





エキサイトの翻訳と全然違いますねー。
アシェロンさんは電話なんかしてないじゃん!(笑)
Hermimiさんのおかげで
アシェロンさんという人のことがやっとわかりました!
ありがとうございました!!